石川ギター教室のブログ

東京 池袋・日野のクラシックギター教室、講師のブログ。ギターをもっと楽しむコツをご紹介します。

ギターを弾きやすくする工夫

クラシックギターには、あると便利なのに付いてないものがあります。
それはポジションマークです。

エレキギターやアコースティックギターには元々付いてますね。
クラシックギターもポジションマークがないと手が迷ってしまうので付けてみましょう。

お勧めは7フレットに一つです。
指板サイドに適当なシールを貼れば良いです。

この簡単なひと手間でギターの弾きやすさが格段に変わりますよ!

大切な指記号

はじめてギターを弾くのってワクワクしますね。

ギターはどの指で押さえて、どの指で弾くのかがとても大切です。
指記号をはじめに覚えておきましょう。

右手は親指=p、人差指=i、中指=m、薬指=aです。
親指からピーマン(piman)と覚えると忘れませんね。
(小指はnではありませんが通常使いません)

左手は人差指=1、中指=2、薬指=3、小指=4です。
どこも押さえない場合は0で開放弦といいます。
クラシックギターは親指で弦を押さえません。ネック裏にそえておきましょう。

指使いを守って練習すると上達が早いですよ!


楽譜に親しむ

ギターを弾いてみたいけど楽譜が苦手という方も多いのでは。

まずは基本的なルールを確認してみましょう。
スポーツでも何でもルールがわかると楽しめますよね。

クラシックギターの音域は3オクターブ半です。
なのでト音記号でこの間の音符だけドレミで読めれば良いことになります。

ト音記号はGが変化したもので、うずを巻いている部分がト音(ソ)です。
五線譜の下から二番目の線上の音がソということですね。

読める音を少しずつ増やしていけるといいですね!
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ